消費税とお酒

どうも皆さんこんにちわ。

 

先日、消費増税に伴い税率8%から10%へと変更となりました。

私は、私のお小遣いに消費税8%が入っていると仮定した上で、今回の増税によるお小遣いにおける2%増税分の増額交渉に早速踏み切る事にしました。

あえて、国税庁が導入した軽減税率の逆を突くという展開に打って出たのです。

差額としては600円にも満たない額かもしれませんが、私にとっては非常に見過ごす事の出来ない問題です。

 

 

今回の増税に伴い、私の大きな注目点はやはり、アルコール類と外食の件でしょう。

アルコールは一律10%になる様なのですが、ノンアルコールは8%とのこと。

 

和食の調理に必須な『みりん』は酒類という事で10%

一方、『みりん風調味料』は8%

んー複雑怪奇であります。

 

外食は10%で持ち帰りは8%とのこと。

外食の定義は「飲食の設備を設置した場所で行う食事の提供」と定義されている様で。。。

つまり飲食店で、お料理とアルコールをテイクアウトした場合は料理が8%でアルコールは10%

逆に飲食店でお料理とノンアルコールを店内で食べ飲みした場合はノンアルコールの軽減税率が適用されず10%でお料理も10%

では、横浜スタジアムで頼む『シウマイカレー』や『みかん氷』を購入後

横浜スタジアムの座席で食べることは外食なのでしょうか?

それともテイクアウトになるのでしょうか?

あくまで、野球の観戦の為に対価としてチケット代を払い観戦をしてるので外食という感じはあまりしません。

もし、横浜スタジアムでの飲食が外食になるのであれば

歌手のライブにチケットを払い、横浜アリーナで飲み物を購入してアリーナ内で飲むと外食なのでしょうか?

スタジアム内で食べる行為を外食と見なし10%なのであれば

『シウマイカレー』を購入する際『一度スタジアムから出て食べるので』と言えばテイクアウトという事で良いのでしょうか?

はたまた、座席で観戦中に売り子さんに『レモンサワー』を売って貰ったら10%なのは理解出来ますが、、、

一緒に買う『ちくわ』はどうなのでしょうか?

更に言うと売り子さんから『ノンアルコールビール』を売って貰った場合は何パーセントなのでしょう?

あべこべです。

ただ、、、そもそもそんな事を気にしながら酒を飲む事はナンセンスなのかもしれせん。

 

写真は先日お休みだった日に頂いたつぶ貝の缶詰とレモンサワーです。

家の近くの八百屋さんがミントを無料で配っていたので入れてみる事にしました。

こじゃれかんもアップし、清涼感もアップしてごくごく飲めました。

それと序盤でお話したお小遣いの2%アップ交渉の件ですが、、、

勿論、奥さんから軽蔑の眼差しを持って受け入れられ、却下された事は言うまでもありません。

それではまた次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です