クールビズとお酒

どうも皆さんこんにちわ

いよいよ夏の近づきを感じる様になってきた今日この頃

私は日々の現状維持に誠心誠意努めております。

当社は6月からクールビズという事でノーネクタイや半そでが解禁となっております。

普段、、、

キュッと締めたネクタイは、私を仕事へ向かう気持ちへ切り替える手段として大いに役立っていますが

ネクタイをしない涼しい首元の快適さは、気持ち切り替え云々よりも捨てがたい快適さです。

ノーネクタイは積極的に推奨している私ですが、夏場でも半そでのワイシャツを着用することはまずありません。

勿論、決して、タトゥーや刺青が入っている訳ではありませんのであしからず。

単純にワイシャツの半そでが似合わない為です。

ワイシャツの半そでは、どうも私と相性が良くないらしく、袖からのぞく、観るに耐えない腕はさながら『モヤシ』を彷彿とさせます。

不動産業にかからわらず、お客様とお逢いする機会の多い営業職の人々は

勿論業務の知識や、お客様に添ったご提案が必要不可欠だと思います。

ただ、ファーストインプレッションと言う意味で、スーツの似合うしっかりとした骨格や恰幅の良さ、もしくは少し丸い体型の方が、お客様に柔らかい印象や安心感を感じて頂けると思うのです。

少なくとも『服を着たモヤシ』よりは良い印象なのでは?と考えております。

この私の考え、、、あまりにも説得力のない感じが、逆に説得力があるといっても、説得力に欠けるでしょうか?

何故、『第一印象』を『ファーストインプレッション』などと言う横文字に置き換えたのかは、私もわかりません。

 

話題は変わりまして、、、

先日、大学時代の友人達とお酒の呑んできた時に出てきたお刺身。

店内照明が暗いです。

 

先日、地元の友人とお酒を呑んだ時にでてきたお刺身。

店内照明が明るいです。

 

私は確信しました。

こんなにも食は所得に比例するモノなのかと。

どちらのお刺身も美味しいという点では一緒です。

ただ、、、

牛丼を旨いと思う純粋な心だけはずっと失わずにいたい。

そう思う夕暮れ時。。。

それではまた次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です