元号と野球

どうも皆さんこんにちわ。

お久しぶりでございます。

まもなく31年間続いた『平成』が幕を閉じ『令和』という新しい元号を迎えます。

始めまして令和。グッバイ平成。

年数の求め方ですが

令和の場合、西暦の下2桁から18を引けば令和の年になる様です。

便利ですね。

例えば2019年の場合は18を引けば令和1年となると言った感じです。

逆に令和1年に18を足せば、西暦2019年。

とても便利です。

 

私は昭和生まれで、ゆとりとデフレ育ちと言われる不遇な時代を生きている世代です。

高度経済成長期でもなく、バブルという日本の乱痴気騒ぎを享受することも無く。

『ゆとり、ゆとり』と昭和世代に言われ

『これだからゆとり世代は、、、』

『これだから最近の若者は、、、』と言われ続け。

平成生まれの若者たちには『昭和生まれと一緒にすんじぇねえおっさん』と言われるしまいです。

『昭和、昭和』と平成世代からも刺される世代です。

 

なんという扱いでしょう。

不遇です。

きっと。

おそらく。

これから20年後、令和20年を迎えた時には、令和元年生まれの子供たちが成人を向かえ

きっとこの様に言われるのです。

『紅林さん昭和生まれなんすか?じゃあ戦争世代ですね。しゅばばばばーん』

時代の流れとは怖いものです。

それでも時代は流れていくので致し方ない事なのでしょう。

私は受け入れ態勢ばっちりです。

 

 

そういえば先日お休みの時に野球観戦にいってきました。

この時期になるとナイターでも寒さを感じることはありません。

しかし寒い試合というものはあります。

結果に関係なくスタジアムで呑むお酒は格別です。

試合どうこうでは無く楽しかったです。

試合結果は触れません。

勝ち負けでは無いのです。

うん。

きっとそうです。

そんな日々でも

鰯と蛍烏賊としめ鯖は

何も言わず

何も聞かず

私に寄り添ってくれます。

感謝。感謝。

 

それではまた次回。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です