ホワイトデーの結果

どうも皆さんこんばんわ。

先日の日記で私がバレンタインデーのプレゼントをした話をしましたが

バレンタインの結果

その案件に動きがありましたのでご報告差し上げます。

わたしは奥さんの『ご機嫌』を求めて、奥さんへプレゼントを贈るという大規模な投資を行いました。

結果として『奥さんのご機嫌』はバレンタインデーの三日目にして大暴落し

『市場』と『奥さんのご機嫌』を無理にコントロールすることで反発が起こり、停滞を招く事となった。つまり『市場』と『私情』の操作は到底不可能であるという結論が出ました。

今回は私の浅はかさ、読みの甘さから招いた事態として自分の心に留めて置くつもりでしたが、大きな動きがありました。

 

先日、家に帰ると奥さんが『今日はホワイトデーだよ』と言って

私の好物のみが食卓に並びました。

これには、唖然として言葉を失いました。

奥さんはバレンタインデーのお返しを準備してくれたのです。

私は大いに戸惑い、事態の把握に努めました。

『ちょっと良い生ハム』と『スパークリングワイン』と『崎陽軒のシュウマイ』と『いいちこ』が準備されているではありませんか。

 

こうみえて私は『崎陽軒のシュウマイ』に目がありません。

『常温の崎陽軒のシュウマイ』に『練りからし』をたっぷり付けて焼酎のソーダで流し込む行為には至上であります。

すこし小粒で常温な『崎陽軒のシュウマイ』はお酒のアテとしてかなりの高いレベルにあると私は確信しています。

 

話を戻しますが奥さんが『ご機嫌』であるという事実に戸惑いを隠せない私ですがこれは現実でもあります。

暴落から約一ヶ月。。。『ご機嫌』は息を吹き返したのです。

私は、ふと学生の頃を思い出しました。

退屈だったはずの講義で、かのアダムスミスは富国論の中でこう記していた事を。

市場経済は放っておく事で『見えざる手』によって自然とバランスが取れていくと言うものであると。

自己利益の追求という個人的な動機を解き放つ事で、個々の行動が利己的な動機であっても、それが集積していくことで個々の意図や意思を超えて『神の見えざる手』として社会や市場全体の成長を促すのほにゃらら。。。

私は学生の頃、『このアダムは何を言っているのか?』と全く理解する気持ちを持っていませんでした。

しかし

私は唐突にこれを理解しました。

これは、私が『奥さんのご機嫌』を手にするという自己利益の追求した結果として、奥さんの私情になんらかの作用をもたらしたのだと。

つまり『妻のみえざる手』が働いたのだと。

依然として私は細心の注意を払いつつ、腫れ物を触るように奥さんと向き合って行く所存です。

それではまた次回。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です