ホワイトデーの結果

どうも皆さんこんばんわ。

先日の日記で私がバレンタインデーのプレゼントをした話をしましたが

バレンタインの結果

その案件に動きがありましたのでご報告差し上げます。

わたしは奥さんの『ご機嫌』を求めて、奥さんへプレゼントを贈るという大規模な投資を行いました。

結果として『奥さんのご機嫌』はバレンタインデーの三日目にして大暴落し

『市場』と『奥さんのご機嫌』を無理にコントロールすることで反発が起こり、停滞を招く事となった。つまり『市場』と『私情』の操作は到底不可能であるという結論が出ました。

今回は私の浅はかさ、読みの甘さから招いた事態として自分の心に留めて置くつもりでしたが、大きな動きがありました。

 

先日、家に帰ると奥さんが『今日はホワイトデーだよ』と言って

私の好物のみが食卓に並びました。

これには、唖然として言葉を失いました。

奥さんはバレンタインデーのお返しを準備してくれたのです。

私は大いに戸惑い、事態の把握に努めました。

『ちょっと良い生ハム』と『スパークリングワイン』と『崎陽軒のシュウマイ』と『いいちこ』が準備されているではありませんか。

 

こうみえて私は『崎陽軒のシュウマイ』に目がありません。

『常温の崎陽軒のシュウマイ』に『練りからし』をたっぷり付けて焼酎のソーダで流し込む行為には至上であります。

すこし小粒で常温な『崎陽軒のシュウマイ』はお酒のアテとしてかなりの高いレベルにあると私は確信しています。

 

話を戻しますが奥さんが『ご機嫌』であるという事実に戸惑いを隠せない私ですがこれは現実でもあります。

暴落から約一ヶ月。。。『ご機嫌』は息を吹き返したのです。

私は、ふと学生の頃を思い出しました。

退屈だったはずの講義で、かのアダムスミスは富国論の中でこう記していた事を。

市場経済は放っておく事で『見えざる手』によって自然とバランスが取れていくと言うものであると。

自己利益の追求という個人的な動機を解き放つ事で、個々の行動が利己的な動機であっても、それが集積していくことで個々の意図や意思を超えて『神の見えざる手』として社会や市場全体の成長を促すのほにゃらら。。。

私は学生の頃、『このアダムは何を言っているのか?』と全く理解する気持ちを持っていませんでした。

しかし

私は唐突にこれを理解しました。

これは、私が『奥さんのご機嫌』を手にするという自己利益の追求した結果として、奥さんの私情になんらかの作用をもたらしたのだと。

つまり『妻のみえざる手』が働いたのだと。

依然として私は細心の注意を払いつつ、腫れ物を触るように奥さんと向き合って行く所存です。

それではまた次回。

 

お酒との付き合い方

どうも、みなさんこんにちわ。

私には大人になったらやりたかった事がいくつかありました。

目の前でサクッと揚げたてで提供される天麩羅をビールで楽しんだり

蕎麦屋で日本酒と板わさでキュッと一杯やったり

老舗のお寿司屋さんで握りたてのコハダなんかと日本酒でしみじみ味わったり

行き付けのお洒落なバーに行ってカウンターに座りながらウイスキーをかたむけたり

そんな大人に憧れていました。

それが今やどうでしょう。。。

狂ったように安い焼酎を呑んでいます。

何の感慨に耽ることも無く、お酒を流し込んでいます。

これはこれで満足している私がいます。

哀れむ人はいるかもしれませんが、私は意に返さない所存です。

そんな私も手を出さない様にしている飲み物があります。

それは所謂ストロング系と言われるチューハイです。

アルコール度数は高めで、口当たりもよく、安く早く手軽に酔えるの代名詞とも言えるでしょう。

最近見た記事ではストロング系チューハイ9%のロング缶にはアルコールが36グラム程含まれていると書かれていました。

これはテキーラのショット3.75杯分のアルコール分と同義らしいのです。

例えば350mlのビールでいうと

350(分量)×5%(アルコール度数)×0.8(比重)=14グラム

テキーラショットだと1杯

30ml×40%×0.8=9.6グラム

ストロング系500mlだと

500ml×9%×0.8=36グラム

厚生省の指標で成人男性のアルコールの摂取目安は20グラムとしているので一本で軽くオーバーしています。

これは恐ろしい事実ですし、とても面白い風刺画像ですね。

ただ、これが現在のニーズに即しているのでしょうし、美味しく、安く、早く酔えるという利点を打ち消す程にはなりません。

 

 

そういえば、先日お酒を呑んでから家に帰ってきて、

ほろ酔い気分で早速焼酎をトクトクとグラスに注いでいる時に

奥さんに言われました。

『今日も沢山呑んだの?』

『どうしてそんなに呑むの?』

『依存症なの?』

『減らすとかないの?ホント、依存症なんじゃないの?』

矢継ぎ早に言われました。

私は注いだグラスを静かにテーブルに置きました。

そして私は言いました。

『酒に溺れる人間をバカだと思っているのであればそれは違うよ。アルコール依存症を患っている患者さんの知能指数は平均のそれを上回るという結果が出ていると偉い人が言っていたし、意思が弱いからだと思っているのなら、それは拒食症になってしまう原因を外見的な美しさへのこだわりと思う事と同じ事だよ?』と。

 

奥さんには

『そういう所が本当に嫌い』と言われました。

 

次の日に私も『確かに』と思いました。

 

お酒は楽しく、無理なく、美味しく呑みましょう。

 

それではまた次回。

バレンタインの結果

どうもみなさんこんにちわ。

今更ではありますが先日バレンタインというものがありましたね。

私は奥さんにバレンタインのプレゼントをしました。

日頃の感謝と愛を込めて贈りました。。。

 

 

そんなわけありません。裏があります。

本当の理由は至極明快です。

奥さんの『ご機嫌』です。

まずは大好物の『マルセイのバターサンド』。全くバレンタインを感じさせない逸品です。バレンタインにバターサンドをチョイスする人は日本広しといえど少ない事でしょう。

そして欲しがっていた『ワイヤレスイヤホン』

この二点があれば奥さんの機嫌は我が手中です。

そうです。

『ご機嫌な奥さん』とは私にとって、得がたいものです。その為には多少の犠牲を払うことを厭いません。

私にとって『ご機嫌』という高配当を得る為の投資ともいえます。

良い未来を手する為の投資です。

本来であればこの投資で1週間は『気分上々な奥さん』を手する算段でした。

初日は手の込んだバレンタインディナーを作ってくれました。

二日目は牛のタタキと私の好きな焼酎を買っておいてくれました。

しかし、見通しが甘かった様です。

プレゼントから三日目にして『ご機嫌』は大暴落。

私は愕然としました。

急速な市場の悪化にバターサンドとワイヤレスイヤホンは成すすべも無く。

私を含む多方面から原因解明が叫ばれていますが、恐らく究明される事は無いでしょう。

『市場』も『奥さんのご機嫌』もコントロールは出来ません。

無理に操作をしようとする事で、反発が起こり、結果として停滞を招く事が往々にしてあります。

つまり『市場』とは『奥さんのご機嫌』と同義でとても繊細な物なのでしょう。

虫の居所が悪かったのでしょうか?

私がおこがましかったのでしょうか?

私には分かりません。

 

わからないのです。

 

それではまた次回。

ワイン

どうも、みなさんこんにちわ。

先日、会社の上席の方とお酒を呑んできました。

オーシャンクラブ リゴレットなるオサレな店名

薄暗いおしゃれ照明に照らされる店内から繰り出される。。。

意識の高いお料理。

所謂、ワインが似合うお店というやつです。

私には縁遠いお店に他なりません。

メニューに焼酎が無いだけで不安を覚えてしまう意識の低さを持つ私も思わずワインと美味しい料理に舌鼓を打ちます。

お店に入ったのは20時過ぎだったのですが、退店した時は2時を回っていました。

やはり楽しくて有意義な場というものは時が経つのが早いものです。

 

嘘です。

お店を出て

時計を見たときは

震えました。

正直震えました。。。

気がつくとワインは4本空いており、その事実にも震えました。

普段焼酎のソーダ割りを主食としている私はお酒の種類に応じた呑むペースと言うものがイマイチ掴み切れません。

30度以下のお酒は大体、焼酎のソーダ割りのペースで摂取してしまいます。

良くない傾向です。

とても酔います。

だたお酒によるインフルエンザ対策とワインに含まれるポリフェノール

これは身体にもお肌にも良いこと受けあいです。

 

 

次の日、にきびが出来ました。

何故なのかでしょうか。

そのまま始発まで飲み続けた事との事実関係を現在検証しています。

それではまた次回。

自分とインフルエンザ

どうも皆さんこんばんわ。

私、どうやらインフルエンザを無事にやり過ごす事に成功しました。

感染源は根治したので、我が家での流行は、兆しで止まった模様です。

虚弱な私にしては良くやったと思います。

ただ油断は出来ません。

 

うっかりかかってしまった日には、奥さんになんと言われるか。。。

想像するだけで震えます。

恐らくこう言われます。

『いいよねあなたは、体調崩したら寝てるだけでよいのだから』

きっと深く濁った冷たい目で言われます。

それは、それは冷たい眼で。

想像に難くないです。

 

 

なので私はその不安を払拭する為にお酒を呑みます。

不安をお酒で消毒をします。

積極的なアルコール摂取による、積極的『予防対策』に打って出ようと考えています。

これはマスク装着や予防接種の様な『守りの対策』ではありません。

『攻めの姿勢を貫く対策』と言えます。

昔昔の偉い人は言いました。。。

『酒は百薬の長』であると。

私は声を大にしてこの事実を主張して行こうと思います。

お休みの日に、お昼からプシュッとやってもそれは、、、予防対策であると。

帰宅後に夕食そっちのけでごくごくする事は、、、帰宅後の手洗いうがいの様に大切な事であると。

飲み会から帰宅後に『まだ呑むの?』という目で見られようとも、そのまま自宅で飲み続ける事は、、、もはや予防接種と同義であると。

つまり、二日酔いと言うものは、、、予防策を講じた結果の様なものです。

とどのつまり、不可抗力であると。

 

 

余談ではありますが、私は『二日酔い、ウインナー、高いところ』がとても苦手であります。

寒い日は続きますので皆さんも積極的にアルコールを摂取する事で病気に負けない身体を作り挙げていきましょう。

それではまた次回。

 

 

 

 

焼き鳥とインフルエンザ

どうも皆さんこんにちわ

先日、同僚と焼き鳥を食して来ました。

やはり焼き鳥は美味しいですね。

ハツもレバーもモモもつくねもみんな美味しかったです。

写真は突き出しのキャベツの浅漬けとおビールです。

写真はタコのから揚げです。サクッとぐにぐにです。

写真はエシャロットです。しゃりしゃりしゃきしゃきです。

少し味噌を付ければ焼酎のベストパートナーです。マドラーにしたいくらいです。

写真はキリンサワーです。

モヒートに見えますが、私はその様なハイカラな飲み物は頼みません。ミントが混入しているだけで、只のチューハイが意識高い系ハイカラ飲料に様変わりです。

 

もちろん、焼き鳥の写真が一枚も無いのはご愛嬌です。

そのようなものです。美味しい食べ物を前にして、食さず写真を撮るなんて邪推です。焼き手に失礼です。

すみません。単純にめんどうだっただけです。

 

話はガラリ変わりまして

 

どうやら我が家にもヤツがやってきました。

そうです。

例年多くの日本人を苦しめる、例のヤツです。

そう、その名も。。。

インフルエンザです。

嫌です。

本当に嫌です。

毎年かかって苦しめられているので、出来れば接触したくないのですが、、、

先日、子どもが保育園からテイクアウトしてきました。

返品出来ませんでした。

無論クーリングオフは利きませんでした。

貰いたくないです。

貰いたくないのです。

家に帰りたくないのです。

家に帰ると、無邪気な顔した病原体が近づいて来ます。

熱は既に下がっているので満面の笑みで擦り寄ってきます。

『抱っこして』と言ってきます。

私には。。。

 

『感染して』と聞こえます。

 

それではまた次回。

 

焼肉と焼酎とインフルエンザ

どうも皆さんこんばんわ。

 

先日、同僚とホルモン焼きを食してきました。

焼肉は美味しいです。

堪らないです。

スーツに匂いが付くのは戴けないですが

堪らないのです。

お肉にたっぷりと刻み葱をのせて口を大きく開けば、それはそれは口内が幸せに包まれます。

普段は社内でサイコパスと言われる私も

これには思わずにっこり。

ホルモンも少し焦げが付くくらいにグワッと焼いて喰らいます。

普段は社内で浮いていると言われる私も

これには思わずにっこり。

何故か今回のブログは書いていて悲しい気持ちになってきました。

なぜでしょう。。。?

皆さんも肉を喰らって寒さとインフルエンザに立ち向かいましょう。

それではまた次回。

 

 

新年会その2

どうもみなさまこんにちわ。

年も明けて暫く経ちますが、先日友人たちと新年会をしました。

場所は『独身の城をちゃくちゃくと築いている友人宅』です。

あまりの室内の汚さを追求するスタイルに戸惑いは隠せません。

写真には写って居ませんが右のお部屋には全自動の麻雀宅

パチスロの実機が七台

ファミコンからPS4に至るまでほぼ全てのコンシューマゲーム機も揃っています。

そうです。

『漢の理想郷』がここにはあります。

ただ室内の汚さは信じられないレベルにあります。

スーツを着ていた私は正直座ることを躊躇いました。

それでも先日から非常事態宣言が発令されている私のお財布事情からすると致し方ないのもあります。

みんなでコタツに入り、囲む鍋

プシュッと開ける缶ビール

日頃のそれぞれの近況報告をしながらも、自然とお酒が進むと思い出話に花が咲くものです。

気がつくと64のマリオテニスとスマブラで大ハッスルです。

気がつくと日付も変わります。

翌日も仕事だった私と友人の一人は、後ろ髪を引かれる思いで帰る事にしました。

 

気がつくと残りの友人4人は麻卓を囲い始めていました。

一心不乱に牌をみつめる彼ら。。。

もう、私の挨拶は彼らの耳には届きません。。。

後日、お開きが翌日の午前9時半だったという事実を耳にした時は

心から震えました。

早めに帰ってよかったと。。。

 

余談として、わたしの財政状況ですが

関係省庁と蜜に連絡を取り、補正予算を求め、奥さんへの交渉を粘り強く続けていますが、やはり難航していると言わざるを得ません。

当方は場合によって『座り込みも辞さない!』『徹底抗戦だっ!』と伝えてはいますが

意を介さずの姿勢を貫く奥さんの前に成すすべも無く。

抵抗虚しく、無残にもお小遣い配給日をおとなしく待つ姿勢へ移行しております。

 

それではまた次回。

新年会その1

どうもみなさまこんにちわ。

年も明けて暫く経ちますが、先日友人たちと新年会をしました。

場所は『ちょっとお高いお寿司屋さん』です。

一貫づつ注文するスタイルに戸惑いは隠せません。

『お前には勿体無い』

『お前にはまだ早い』等の声が多方面聞こえて来そうですが無視します。

毎年年明けの二週目までに『ちょっとお高いお寿司屋さん』に行くのが恒例の行事となっています。

普段は回るお寿司屋さんタッチパネルで注文することで充足感を持てるコスパの良い私ですが。。。

この日だけは違います。

『雲丹』も食べます。

『大とろ』も食べます。

『イカ』には目もくれません。

『生海老』も食べます。

好物のはずの『かんぴょう巻き』は視界から消えています。

『獺祭』も呑みます。

もちろん生牡蠣もぺろりです。

ちなみこの写真は『牡蠣の塩辛』です。

この圧倒的磯臭さは完全に好き嫌いが分かれます。

もちろん私は好きです。

塩っ辛いグニグニした海が口内にブワっと広がるのは至福の瞬間です。

一口摘んで、獺祭も一口

このアテだけで獺祭を3杯呑んでしまいました。

因みに獺祭は750円です。

一人で五杯目を飲み終わった時から杯数を数える事を止めました。。。

お会計を見たときに三十路を超えた我々の顔は

青魚の肌色の方がまだ良いと思える真っ青な顔色でした。

今回の一件で、くればやしの経済状態は急速な悪化を招く結果となり。

本日、非常事態宣言が発令されました。

今月のおこづかいの日まで、緊縮財政を敷く事と相成りました。

今後もおこづかいの日まで補正予算を求めて奥さんに粘り強く交渉していく所存です。

それではまた次回。

 

 

 

遅ればせながらご挨拶

あけましておめでとうございます。

新年のご挨拶がおそくなりました。

今年度も皆々様宜しくお願いいたします。

私事ではあるのですが、年末から年始にかけて大型のお休みを頂きました。

友人達との忘年会や実家に帰ったり、滅多にしない家族サービスで旅行に行きました。

滅多なことはするものではないですね。

いや、本当に。。。

 

 

大晦日に熱が出ました。

楽しみにしていたはずの。。。

『年越し蕎麦』は『みかんゼリー』に変わり

『熱々の熱燗』は『スポーツドリンク』へ変わり

『ローストビーフ』は奥様の胃袋へ消え

『天麩羅』は奥様の胃袋へ消え

『お刺身』は奥様の胃袋へ消え

なんだかなー。

と思いながら横になって紅白を観ていました。

 

ちょうど星野源さんが歌っている頃

僕の熱は38.5℃へ上昇し

リビングでは奥さんがサクサクと音を響かせながら天麩羅を口に運び

それをスーパードライで流し込んでいる後姿を見ながら横になっていました。

なんだかなー。

 

ただ、そんな奥さんにも人の心はあったようで『毛ガニ』は取って置いてくれました。

嬉しかったです。

年明けに相応しいご馳走でした。

金粉入りの日本酒でめでたさ倍増です。

ただ翌々聞くと奥さんは『毛ガニ』の殻を剥くのが、ただただめんどうだっただけみたいです。

僕が剥いた蟹の足

僕が剥いた蟹味噌を

それはもう美味しそうにもぐもぐ食べていました。

なんだかなー。

 

それではまた次回。